ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

スカパー!ソース: |  2022年01月13日

デュッセルドルフが左のスペシャリスト、カボリー獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス2部フォルトゥナ・デュッセルドルフは、水曜日に新戦力の獲得を発表した。ベルギー1部スタンダール・リェージュより、ニコラス・ガボリーを獲得。26歳のフランス人ディフェンダーは、2025年6月までの契約にサイン。背番号は34を着用する。
 
 AJオセールのユース出身で、フランスのU16とU19代表にて4試合に出場した経験をもつ同選手は、これまでオセールの他、ASベジエ、クレルモンフット63などにも在籍。2018年にオランダ1部ユトレヒトへと渡り、翌年からベルギーへ。スタンダールではリーグ戦71試合、EL12試合に出場していた。

 左サイドバックのみならず、その前や、3バックの左側でもプレー可能であり、プロイサー監督は「非常に柔軟性をもたらしてくれる」存在として期待。またポリバレントのみならず、クロスやセットプレーにも良いものがある。入団に際して、同選手は「ドイツの大きなクラブと契約できたことを嬉しくおもう」と述べ、「今の順位は決して満足できるものではない、その改善に貢献していきたい」と意気込みをみせた。

コロナから4選手が復帰

 デュッセルドルフでは土曜日に控える後半戦初戦、ヴェルダー・ブレーメン戦に向けて、4選手が練習復帰を果たす姿が見受けられた。フロリアン・ハルトヘルツ、ティモ・オーバードルフ、ラファエル・ヴォルフ、そしてエドガー・プリブらが隔離から解放。ただしイマヌエル・イヨハとフェリックス・クラウスについては、いまのところはまだクラブ側より発表はなされていない。 
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報