ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

スカパー!ソース: |  2022年08月05日

ライプツィヒ:ルックマンがアタランタに移籍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 RBライプツィヒのアデモラ・ルックマンが、今度はセリエAのアタランタ・ベルガモ移籍することとなった。2018年にエヴァートンから加入するも、これまでの在籍期間ではブンデス通算22試合に出場し5得点。定着することが叶わぬままここ2年は、フラム、そしてレスターへのレンタル移籍を繰り返していた。

 なおそのレスターでは昨季リーグ戦26試合に出場して6得点をマーク、プレミア通算96試合に出場し11得点を記録している24歳のアタッカーについては、アタランタ・ベルガモは移籍金としてkickerが得た情報によれば、1200万ユーロを用意している模様。ただしクラブ側からは獲得に際して、詳しい契約に関する情報は明かしていない。

テデスコ監督「時間はあまり残されてはいない」

 またライプツィヒではコンラッド・ライマーに対して、バイエルン・ミュンヘンが関心を示しているところだが、「このような懸案事項についてなど誰も望んでいない。選手も監督もね」と語ったテデスコ監督は、「ただ我々には時間はそう残されているわけではない。ある時点で手放せなくなる」と説明。移籍時には後任人事のための時間も計算して判断しなくてはならない。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報