ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月19日

ケーラー「いいプレーだった、あの場面を除いては…」

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kehrer8-1482053805
冷静沈着なプレーでフライブルク戦でも好パフォーマンスを披露したティーロ・ケーラー。ただし後半59分から3バックの左へと配置転換した後に若手CBは、フライブルクの決勝点へとつながる致命的なミスもおかしている。

ティーロ・ケーラー(CB:シャルケ)
…パフォーマンスについて
この2試合でアピールできていると思う。いいプレーは見せていると思うよ、ただあのシーンを除いてね。あのときはボールに対してうまくプレッシャーをかけられず、ハベラーをフリーにさせてしまった。あのときはヘヴェデスが横にいると思って、それで前に行ってしまったんだけど、でもボールを奪えずにニーダーレヒナーにゴールを許す結果となってしまったんだ。

…ミスについて
内側のラインにいたんだけど、相手FWにはりついていなくてはならなかったと思う。確実にボールを奪えないのであれば前に行くべきではなかった。

…配置転換について
配置転換の影響はなかった。僕は3バックのどのポジションでもプレーできるし、両足を使うことができる。入れ替えは特に難しいものではないよ。

…沈着冷静にプレー
試合の前には緊張感もナーバスさももっているんだけど、でも試合には集中して臨めていると思う。もう入場口に立ったらそういった考えはなくなるよ。興奮していたら思ったプレーができなくなってしまうからね。どのプレーでも考えをはっきりとさせてプレーしようと思っている。相手をしっかりとみて、仕掛ける前に何をするのかをちゃんと頭に入れておくことだ。

…年内最終戦にむけて
これからハンブルク、そして今回の分析を行って行くことになる。自分たちのいいところも悪いところもあるし、いい形で準備をして勝ち点3を獲得したいと思うよ。特に今はどの勝ち点も重要だからね、できるだけ多く勝ち点を積み上げていきたい。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報