ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月25日

元ドイツ代表クラーニィ、古巣シャルケに「うまく対応しないと」

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2005年から2010年までの在籍期間で、シャルケのクラブ史上4番目となる71得点を記録したケヴィン・クラーニィ。昨年に現役引退を発表している元ドイツ代表FWは、今季は苦戦を強いられた古巣シャルケの現状について考えを語った。

「今シーズンについては、みんな失望していることだろうね。基本的にここでの期待値は高いものだから」そう語ったクラーニィは、さらに「シャルケは決して容易なクラブではない。でも一度成功を収めれば、ここはとても素晴らしい場所でもあるんだけれどもね」と言葉を続けている。

そこでシャルケは、欧州の舞台を逃してしまった10位という現状に「うまく対処しなくてはならない」と強調しておる、「いい形で補強を行わなくてはならないよね」との考えも示している。

ただし来季でシャルケ2年目を迎えるマネージャーのクリスチャン・ハイデル氏/マルクス・ヴァインツィール監督のデュオが、今度は成功へと導けると「確信しているよ。彼らは別のクラブでそれぞれに成功をおさめているんだ。やってくれるさ」と期待感を示した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報