ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月17日

アレッサンドロ・シェプフ復帰でウィングに貴重なオプション追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今年4月下旬に行われたレヴァークーゼン戦にて、前十字靭帯に部分断裂を抱えたアレッサンドロ・シェプフ。それ以来、長期離脱を余儀なくされたオーストリア代表だが、週末に行われたヘルタ・ベルリン戦にて試合の終盤に4分間出場。さらに日曜日に行われたシャルケ04U23では68分間にわたり出場を果たした。

さらにシェプフはこの試合の前半33分、2−0とするゴールも決めており、最終的にシャルケU23は4−0で勝利をおさめている。チネル監督はトップチームから出場したファビアン・リーセとシェプフの両選手について、「2人とも若手選手にとってのいい模範となっているし、うまくチームに馴染めているよ」と賞賛した。

ここまでシャルケの右ウィングでは、ダニエル・カリジュリが公式戦1試合をのぞき先発出場、さらにそのうち途中交代はわずかに1試合と、ほぼフル回転でのプレーが続いており、シェプフの復帰はドメニコ・テデスコ監督にとって、貴重なオプションが増すという意味合いになる。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報