ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月24日

シャルケのNo1スターのゴレツカ、将来はいまだ不透明のまま

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


技ありのループシュートを決め、これで今季3度目となる先制ゴールを決めて見せたレオン・ゴレツカ。「このまま続いてくれてもいいんだけど、でも毎試合僕が得点を決めるようなことは期待しないでほしいな」と22歳のドイツ代表は語った。

2部ボーフムから加入して既に4年。その間で国際的に注目を集める選手にまで飛躍を遂げた同選手は、ジェット気流に乗ったかのような速度で成長を続けており、それはピッチ上でのプレーのみならず、副主将としてピッチ外でもクレバーな良き話し合い手として、悪気を与えず明確に意見を伝えるその姿からも、見て取ることができるといえるだろう。

kickerが得た情報では、そのゴレツカは今夏にシャルケサイドに対して、延長に向け前向きな姿勢を示していたようだが、しかしながら今夏のコンフェデ杯で優勝を収めるなど、ドイツ代表としても注目を集めるMFは、今日になってもまだその将来は不透明なままとなっており、シャルケとの契約期間は今シーズンいっぱいまでとなっている。


なおそのシャルケは火曜日に、ヴィースバーデンとのポカール2回戦が控えておるところだが、ドメニコ・テデスコ監督は「勝ち抜けしたいし、いい戦いを見せたい。」とコメント。つまりは「10人で攻撃するようなことではなく、バランスが重要であり、ボクシングでもノーガードは許されるものではないだろう?」と説明している。

また先日のマインツ戦では、観客席から見守っていたブレール・エムボロについては「いまはあまりいい時期にはいないね」と述べ、1年間の負傷離脱を考慮し「時にはプレーをさせるというサポートもいいが、時には逆の場合もある。無理に出場させた結果、その代償が高くつくこともあるんだから」との考えを見せた。

シャルケの先発予想:フェアマン – スタンブリ, ナウド, ケーラー – シェプフ, マッケニー, M.マイヤー, オチプカ – アリ, コノプリャンカ – エムボロ


  • ブンデスリーガ・各チーム情報