ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月25日

今年最初のホーム戦で初得点のピアツァ「ファンの前でうれしい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今冬に行われたヘントとのテストマッチで、今年最初のゴールを決めたのも、そしてバイエルン移籍で揺れる今年最初のホーム戦で最初のゴールを決めたのも、ユベントスからレンタルで加入したばかりのマルコ・ピアツァだった。

チームにスムーズに馴染んでいったクロアチア代表は、初先発でも納得のパフォーマンスを披露。視野の広さとキープ力に長け、対人戦でもフィジカルに臨み、ゴールに向かう推進力においても好パフォーマンスを披露。その精力的なプレーに、指揮官からの賛辞が送られた、

早くもファンもピアツァに対してヒートアップしており、「ファンの前でアピールできてうれしいよ」とコメント。ただし試合はドローに終わったことで、「結果はいいものではなかったけどね」と言葉を続けている。

おそらくは今週末も先発出場を続ける可能性は高いだろう。今度こそ、今年最初の勝利をあげて、リーグ戦での上位争いを演じていきたいところだ。


その一方でDFBスポーツ裁判所は、ドメニコ・テデスコ監督に対して、昨年12月16日に行われたアイントラハト・フランクフルト戦にて、幾度となく審判員に抗議し、退場処分となったことについて、罰金5000ユーロを支払う判断をくだした。すでにこのことは受け入れられていることから、処分は確定済みとなっている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報