ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月27日

シャルケの若手FWレーゼが、2部フュルトに再レンタル

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


シャルケは来シーズンも引き続き、ファビアン・レーゼをブンデス2部具ロイター・フュルトへとレンタル移籍することを発表した。なおそれに合わせて、来季までとなっていた同選手との契約は、2020年まで更新されている。

今冬にレーゼを迎え入れていたフュルト側は同選手の残留を早いうちから目指しており、今回のレンタルには買い取りオプションも含まれるが、しかしながらシャルケ側にも買い戻しオプションが付随しているところだ。

フュルトのダミール・ブルニッチ監督は「ファビは強い精神力をもった選手であり、我々にはそういう選手がほしかった」と述べ、「(先日シュトゥットガルトから完全移籍した)グリーンと共に、ファビアンもまた、このままここでプレーしたいという意思はみてとれていたよ」と言葉を続けた。

2013年にキールからシャルケのユースチームへと加入し、2017年冬には当時2部カールスルーエへ、そして2018年冬には2部フュルトへ、それぞれ半年間レンタル移籍した経験をもつ20才のFWは、これまでブンデス2部25試合、シャルケでブンデス1部11試合に出場。

今季は前半戦ではシャルケで7試合に途中から出場しており、後半戦ではフュルトで15試合(先発12)に出場して1得点をマーク(kicker採点3.93)。同選手は「開幕がいまから待ちきれないよ。準備期間ではとにかくがんばって、僕たちはリーグ戦へトップコンディションで臨みたい。もちろんポカール初戦でもね」と意気込みをみせている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報