ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月29日

元主将ベネディクト・ヘヴェデスが遂にシャルケを後に、すでにクラブ間で合意

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ベネディクト・ヘヴェデスが遂にシャルケを後にする日が間近にまで迫っている。日曜日からオーストリアにて行われるトレーニングキャンプへと旅立つシャルケ一行だが、そこには元主将が参加することはない。

 名前は明らかになってはいないが、欧州での舞台での戦いが控える新天地候補とと同選手は、あとは詳細を詰める段階へと入っているとみられており、kickerが得た情報によれば移籍金額はおよそ500万ユーロとなる見込みだ。

 2001年にシャルケの門を叩いたヘヴェデスは、プロとして10年間、キャプテンとしては6年間過ごしており、これまでブンデス1部240試合に出場。2014年夏にはドイツ代表として、ワールドカップ優勝にも貢献。

 しかし今季から指揮をとるドメニコ・テデスコ監督は、そのヘヴェデスをキャプテンから外すことを決断。そしてユベントスへとレンタル移籍するも、負傷などの影響で思うように事が運ばなかった元ドイツ代表CBは完全移籍を果たせず、今夏に再びシャルケへと復帰していた。



  • ブンデスリーガ・各チーム情報