ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月31日

明日にも『ロコモティフのベネディクト・ヘヴェデス』誕生へ

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 現在シャルケがトレーニングキャンプを行っているミタージルにて、マネージャーを務めるクリスチャン・ハイデル氏は月曜、明日の火曜日にもベネディクト・ヘヴェデスのロコモティフ・モスクワへの移籍が正式に発表される見通しであることを明かした。

 すでにクラブ間では週末にも合意に達し、その後は選手とロコモティフとの間で詳細をつめており、本日月曜おそくとも火曜には現地でメディカルチェックを受け、それから正式に発表がなされる流れとなるだろう。

 2001年にシャルケの門を叩いたヘヴェデスは、プロとして10年間、キャプテンとしては6年間過ごしており、これまでブンデス1部240試合に出場。2014年夏にはドイツ代表として、ワールドカップ優勝にも貢献。

 しかし今季から指揮をとるドメニコ・テデスコ監督は、そのヘヴェデスをキャプテンから外すことを決断。そしてユベントスへとレンタル移籍するも、負傷などの影響で思うように事が運ばなかった元ドイツ代表CBは完全移籍を果たせず、今夏に再びシャルケへと復帰していた。

 だが今回は完全移籍という形でチームを去ることとなり、ロコモティフとは3年契約を締結する見込み。移籍金額についてはおよそ500万ユーロと見られているが、さらにシャルケとしては2020年まで残る契約に含まれる800万ユーロのサラリー削減にも繋がっている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報