ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月22日

シャルケの守護神フェアマンがCLを負傷欠場、代役は若手ニューベル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 月曜午後、FCシャルケ04は火曜日に出発するイスタンブール行きの飛行機に、守護神ラルフ・フェアマンが搭乗しないことを明らかにした。同選手は土曜日のうxーミングアップ中に負傷、その後の検査の結果で内転筋付近に筋損傷を抱えていることが確認されている。

 そのためそのヴェルダー・ブレーメン戦と同様、シャルケのゴールマウスにはアレクサンダー・ニューベルが立つことになった。バックアップは登録の関係上ベテランのランガーではなく、U19のヤニッチ・レンツェが務める。

 ドイツU21代表として11試合に出場しているニューベルにとっては、今回はCL初出場ということになり、ブンデスリーガではこれまで3試合に出場。そのブレーメン戦について、テデスコ監督は「特に彼がプレーすることで不安はなかった」と振り返っていた通り、この試合では及第点のパフォーマンスを披露(kicker採点3)。許した2失点はいずれも、ニューベルにとってはどうしようもない形での失点だった。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報