ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月13日

シャルケ、今冬の補強の可能性を否定せず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 左大腿筋に筋損傷を抱えて、ドイツ代表辞退を余儀なくされたマルク・ウートに続き、中足骨の骨折が判明しスイス代表参加を見合わせたブレール・エムボロ。ただフランクフルト戦が行われた「日曜日に打撲を受けたのではなく、痛みがあったんだ。大きな負担から、骨折が起こってしまったのだろう」と、スイス代表のチームドクターは説明している。

 さらにセドリック・トイヒェルトも、臀部の腱に部分断裂を抱え離脱を余儀なくされているところだが、ドメニコ・テデスコ監督は「ぐちぐち言っても仕方がない」とコメント。「それで何になるわけではないし、選手は控えている。うまく穴埋めしないと」と語った。

 ただそもそも今季のシャルケは苦しいシーズンが続いているところだが、今冬の補強について、マネージャーを務めるクリスチャン・ハイデル氏は明言を避けはしたものの、「いずれにせよ年末までは既存のメンバーで戦うしかないが、ただ確実に何かアクションに出るべきか話し合いを行うことにはなるだろう」と述べている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報