ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年12月14日

負傷者続出でやりくり迫られる、シャルケのテデスコ監督

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨シーズンは一躍2位へと飛躍を遂げながらも、今季の前半戦では14試合が経過して価値点数はわずか14。順位表では13位に沈んでいるFCシャルケ04。これから迎える年内最後の1週間では、3試合が行われる過密スケジュールのため勝ち点9を確保するチャンスがあるところだが、そのうち2試合はアウェイ戦だ。

 さらにシャルケでは特にFW陣に負傷離脱者が続出。エムボロ、ウート、ディ・サント、ブルクシュタラーらに加え、先日はFWとしてプレーしたSBメンディル、さらにはCBマティヤ・ナスタッチがこの試合では出場停止という状況にある。

 その一方でセドリック・トイヒェルトにつづき、アウグスブルク戦では胸筋の負傷から回復したスティーヴン・スクリプスキが「復帰」。加えてハジ・ライト、ベンヤミン・ゴラー、アハメド・ クトゥジュら若手選手が帯同。ナスタッチの代役としては、第8節以来にナウドが先発出場する可能性があるが、特にその高さを活かして、ここまで無得点が続くCKからの得点力向上にも期待したい。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報