ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月03日

ナウド、モナコへの移籍が間近に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 まもなくしてFCシャルケ04とナウドが道を分かつことになりそうだ。36才のブラジル人センターバックは、すでにASモナコと移籍で合意に達し、メディカルチェックを受けている模様。

 2005年にヴェルダー・ブレーメンに加入して以来、ブンデスリーガで14シーズン目を迎える同選手だが、しかし昨シーズンは2位と大きく飛躍を遂げたチームの要として、センターバックでリーグ戦全試合に出場。kicker採点平均2.66と好成績をマークし、ファンから愛される存在に。

 まさに『老いてますます盛ん』という言葉を体現し10月は契約延長を果たしたものの、今季は一転して負傷などの影響もありリーグ戦わずか7試合の出場のみ(ドイツ杯2試合、CL4試合)。現在は移籍金120万ユーロでの完全移籍、もしくはレンタルでの移籍の可能性も取りざたされている。


 なお金曜日に冬季キャンプ地のスペインへと向かう一行のなかには、同じく出場機会を思うように得られていないフランコ・ディ・サントと、ヨハネス・ガイス、そしてアブドゥル・ラフマーン・ババの名前が見られなかった。確かに後者ふたりについては、ガイスは今季いっぱいまでの契約でいずれにせよ移籍の可能性があり、ババについてはレンタル元への復帰のオプションが含まれている状況。

 だがディ・サントについてはkickerが得た情報によれば膝蓋腱の問題のために参加を見合わせる模様。一方で鼠蹊部に問題を抱えるギド・ブルクシュタラーと足を骨折したブレール・エムボロは、キャンプ地でリハビリを継続することになった。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報