ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月10日

アミーヌ・アリ:素行の問題で期待の新星から売却候補へ

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  確かにFCシャルケ04にとってアミーヌ・アリという選手は、サッカーボールを一度持てば試合を決めるだけの力をもった、シャルケのサッカーをさらに豊かなものにしてくれる存在だ。昨夏に移籍金850万ユーロで、仏1部ナントから迎え入れた21才のチュニジア代表は、この1年半でリーグ戦43試合に出場し4得点9アシストをマーク。

 だがピッチ外となると素行の悪さが目につき、例えば敗戦を喫したチャンピオンズリーグFCポルト戦の後に、何人かのグループでホテルから抜け出しポルトガルのパーティナイトへと姿を消したことに驚きを感じないほどである。

  これまでシャルケ首脳陣も、幾度となくアリとの話し合いを重ねてきた。だがそれが功を奏することはなく、特にチーム自体が前半戦で苦しい戦いを強いられたことからも、これ以上のチームに与える不安要素を解消していくことも念頭に、良いオファーが届けば今冬にも売却に応じる構えだ。

 なお今冬のスペイン・ベニドルムにて行われているトレーニングキャンプには、前半戦最終戦のレヴァークーゼン戦にて筋損傷を抱えたために参加を見合わせドイツに残ってリハビリをしており、逆にいえば新天地を模索するには良い機会だともいうことができるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報