ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月14日

ナウドがハイデル氏に反論「問題児でも無いし、お金が理由でもない」

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ナウドが騒動を起こしていたかもしれない?今冬にモナコ移籍で合意したシャルケは、そのことに対する恐れも合意に至った理由の1つだと説明。さらにナウドがモナコ移籍を希望した背景には、金銭的な要素もあったことを明らかにしていたのだが、kickerとのインタビューにて同選手自身がこれを否定。むしろこの発言に驚きをみせていた。

 今冬のサプライズの1つとしてあげられるであろう、ナウドのASモナコへの移籍。このことを了承した理由として、シャルケでマネージャーを務めるクリスチャン・ハイデル氏は、「チームを落ち着かせたかった」との考えもあったことを明かし、仮にこれをシャルケ側が受け入れなかった場合に、チームに与えるネガティブな影響を不安視していたという。

 だがナウドは「これは確実に言えることだけど、僕は決して悪い空気を作り出すような選手なんかじゃない。プレーできないなら、確かに不満はもつことだろう。でもそれで騒動を起こすという意味にはならないさ。」とコメント。「僕は常にチームメイトのサポートを心がけていたし、ニックネームが”パパ”であるのは、何も年齢からではない。むしろその姿勢によるところだよ」と言葉を続けている。

 またハイデル氏はさらに、「彼らはいまリーグで下から2番目にいるとはいえ、あのモナコだよ」と述べ、出場機会の少なさだけが移籍の理由ではなく、サラリーの改善もその背景にあることを示唆していたのだが、これについてもナウドは「この発言にはちょっと驚いたよ。お金は今回の移籍の理由ではない」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報