ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月30日

シャルケがマンCからマトンド獲得、但し5千万ユーロの買戻しオプション付

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FCシャルケ04はラビ・マトンドをマンチェスター・シティから獲得。将来的にシャルケへ高いスピードをもたらす存在として期待される18才とは、例外条項付きの2023年までの契約を結んだ。

 すでにウェールズ代表としての出場経験をもつウィンガーは、これまで所属していたマンチェスター・シティのペップ・グラルディオラ監督より「彼がいかにいい選手かはわかっている。大きな才能の持ち主だ」と評価。今季はプレミアリーグ2にて11試合に出場し、6得点4アシストをマークしている。

 マネージャーを務めるクリスチャン・ハイデル氏は、期待の若き才能の獲得に喜びをみせ、「彼のもつポテンシャルに確信を抱いている。非常にスピードがあり、そして良いテクニックを持ち合わせているよ。ただ彼が非常に若いことを忘れてはならない。だから必要な分だけ時間をあたえる、シャルケでブンデスに定着するように」と語った。

 リヴァプール生まれのマトンドは、火曜日のメディカルチェックを済ませて、金曜日に4年契約にサイン。さっそく練習場にて個人練習を行なっており、将来をみこしての獲得ではあるものの、負傷者が重なったことから定期的にピッチで見られる可能性はあるだろう。

 同選手は「ここはエジルやラキティッチ、サネといった選手たちが重要なステップを踏んだ場所。それに監督と良い話し合いができた」と決断した理由を述べ、「それにブンデスは素晴らしいリーグだ。シャルケは僕の将来のために正しい決断だと思う」と新たな挑戦に胸を躍らせている。

 なおkickerが得た情報によれば、今回の獲得で投じられた移籍金額は900万ユーロ。ただし買い戻しオプションがマンチェスター・シティ側に付随しており、その金額は5000万ユーロに設定されているようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報