ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年03月14日

歴史的大敗のシャルケ、テデスコ監督の去就が不透明に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 本来ならば先日シャルケのマネージャーに就任したヨッヘン・シュナイダー氏としては、週末に控えるRBライプツィヒ戦でも引き続き、ドメニコ・テデスコ監督に采配を委ねる予定ではあった。しかし火曜日に行われたCLマンチェスターC戦にて、ドイツ勢として最多得点差となる歴史的大敗を喫したことにより、再び指揮官の去就は不透明のままとなっている。

 「クラブ全員、そしてファンにとって、あまりにも辛い夜となってしまった。あんな姿は決してみせてはいけないものだった」と、試合終了から14時間が経過した水曜、シュナイダー氏はマンチェスターC戦につちえコメント。「あんな試合のあとで、通常の業務に戻ることなどできない」と強調し、「ゲルゼンキルヒェンに戻ったら、クラブ内で話し合いを行うことになる」と言葉を続けた。

 つまりはテデスコ監督への明言を避けた格好でもあり、「木曜に明らかにすると思う。状況全体について議論していかないと。マンチェスターCに敗れることはあっても、あんな姿はみせてはいけない」と、間も無く監督人事に関する決断を下す考えを示している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報