ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月11日

シャルケ、マッケニーとスクリプスキが戦列復帰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 「素早いコンビネーションプレー」の実現を目指している、FCシャルケ04のフーブ・ステフェンス暫定監督。「できるだけ早く、組織化された相手の裏を突きたい」ものの、今の所なかなか思うようにことは運んでいないところだ。しかしながら今節からは2人のオプションを加えることができそうだ。

 今年最初の代表戦期間にて、米国代表参加中に足首に負傷を抱え離脱が続いていたウェストン・マッケニーが、火曜日は制限された中でチーム練習参加を果たし、水曜日には「問題なく一緒に練習できていたよ」と指揮官。これにより今節からは先発のオプションとして計算することができるだろう。

 また大腿筋に過度伸展を抱えていたスティーヴン・スクリプスキについても「復調」を果たしており、ここのところはツキに見放されている感のあるエムボロの代わりとして、またブルクシュタラーと2トップを形成することも考えられるだろう。その一方でサリフ・サネの出場は不安視されているところであり、代役はベンジャマン・スタンブリが務めることが考えられる。


 さらに今週からは、これまで規律面の問題により下部チームへと送致されていたナビル・ベンタレブが復帰。力強いプレーと発想力、そしてパスに長けたアルジェリア代表MFには、まさにその縦への動きに対する期待感をもつことができるだろう。復帰後は練習場で非常に精力的な姿を見せており、先発としていきなり復帰する可能性もあるはずだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報