ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月01日

シャルケファンが、殺人未遂罪で起訴

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 エッセン市検査局は、2月20日に行われたチャンピオンズリーグ16強マンチェスター・シティ戦にて、シャルケファンがマンチェスター・シティファンを暴行した案件について起訴。そのうち一人に対しては、殺人未遂罪の嫌疑がかけられている。

 最終的にこの試合ではマンチェスター・シティが3−2で勝利を収めることになるのだが、この試合の終了前に「暴力的な諍い」がシャルケとマンチェスター・シティのファンによって発生しており、そこで32才のイングランド人ファンが、頭部に非常に強力な殴打を受けて生命の危機に貧する大怪我を負っていた。

 その後の警察による捜査の結果、数日後には最初の逮捕者が発表され、最終的にエッセン市検査局は今回3人のシャルケファンを起訴。そのうち一人に対しては、殺人未遂罪の容疑がかけられており、残りの二人に対しては傷害罪が問われている。

 なお今回の起訴に至るまでには、証言やビデオによる記録などを受けて容疑を固めていった過程があり、特に殺人未遂罪に問われた人物に関しては計画性が見て取れたという。なお同容疑者については逮捕から拘束が続いているが、ただ4人目の容疑者についてはいまだに足取りがつかめていない。

 また被害に遭った男性は、その後に緊急手術を受け、人工的に昏睡状態へと置かれていたものの、すでに生命の危機からは脱しているという。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報