ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月26日

クリスチャン・ハイデル氏が、脳卒中で倒れる

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FCシャルケ04は日曜夕方、元マネージャーのクリスチャン・ハイデル氏が、脳卒中により倒れていたことを発表した。「クラブでは密にコンタクトをとっており、そしてハイデル氏の状態は相応にうまくいっているようだ」としている。
 
 ただいつ襲われ、そしてどれほどの程度のものであったのかなどについては、シャルケは特に明らかにはしていない。ハイデル氏と電話にてコンタクトをとったというアレクサンダー・ヨブスト広報担当は、同氏の回復を「全てのシャルカー達が願っている」とエールをおくった。

 長年にわたり1.FSVマインツ05にてマネージャーを務め、クロップ監督やトゥヘル監督ら名将を輩出しただけでなく、日本人選手でも岡崎慎司や武藤嘉紀を獲得した経験をもつ同氏は、2016年よりシャルケのマネージャーへと就任したものの、今年の2月おわりに解任されている。 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報