ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月28日

シャルケのアミーヌ・アリ、火曜日の練習では負傷により不参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜日に行われたFCシャルケ04の練習場ではいつになく、非常に多くの選手たちの姿が見受けられた。膝の内側側副じん帯を損傷していたスアト・セルダー、筋肉系の問題を抱えていたスティーヴン・スクリプスキ、そして足の靱帯に過度伸展を抱えていたヨナス・カールスが、チーム練習へと復帰。早期にリズムを取り戻すことができれば、週末に行われるヘルタ・ベルリン戦からオプションとなる可能性もあるだろう。

 さらに明らかな進展が見受けられたのがアレッサンドロ・シェプフとマルク・ウートであり、土曜日の試合ではメンバー復帰を果たすところ。今夏の練習二日目に足を負傷したオザン・カバクについては、チーム練習から時間も経過しているところであり、土曜日に新天地でのデビュー戦を飾ることになるかもしれない。
 
 裂傷を抱えるラビ・マトンドは、土曜日でも再びオプションとなることはなく、さらに疑問符がついているのが、アミーヌ・アリだ。火曜日に練習に姿をみせなかった同選手について、シャルケは足の打撲を抱えていることを明かしている。
 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報