ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月30日

シャルケ、ミランダ獲得に迫る。シックにも関心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FCシャルケ04ではもう間も無くして、守備陣の補強を果たすことができるかもしれない。FCバルセロナに所属する若手選手フアン・ミランダのレンタルで合意に近づいているところであり、19才のディフェンダーに対しては、バスティアン・オチプカがプレーする左サイドバックでの定位置争いの激化が期待されている。

 さらにシャルケでは攻撃陣の補強も模索しているところであり、ASローマに所属するパトリック・シックを視野に入れているところだ。23才のチェコ人については、しかしながら買取りではなく、レンタルのみでの獲得を模索。

 それは同じく同選手への高い評価を口にしたユリアン・ナーゲルスマン監督率いる、RBライプツィヒについても同様のことであり、イタリアのメディアでは、選手とすでにレンタルで合意済みとも報道。しかしkickerが得た情報によれば、その実現は低そうだ。


 そこで買取りということになれば、ライプツィヒでは移籍候補のジャン=ケヴィン・オギュスタンが売却となれば考えられるだろうが、確かにニースからの関心が寄せられていたものの、そのニースは同じタイプのカスパー・ドルベリを、アヤックスから獲得したことを発表。そのためオギュスタンの移籍先は不透明となったままだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報