ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年09月05日

シャルケ、レアルのマリアーノ・ディアス獲得模索も失敗?

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 この夏の移籍市場最終日では、FCシャルケ04はイェフヘン・コノプリャンカを、シャフタール・ドネツクへと売却。もう一人、移籍の可能性が指摘されていたナビル・ベンタレブについては、逆に手術を受けたことが発表された。

 さらにシャルケファンでは、FWの補強への期待感が抱かれていたものの、最終的には獲得発表が伝えられることはなく、スペインのドン・バロンが伝えたところでは、レアルのマリアーノ・ディアスに関心を示し、レアル側も前向きではあったものの、選手自身がレアルを後にすることへ関心を抱けなかったようだ。

 これによりこの夏にブレール・エムボロをグラードバッハへと売却したシャルケは、ブルクシュタラー、ウート、クトゥジュといったFW陣によって、2019/20シーズンを戦っていくことになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報