ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月25日

ニューベルの代理人からの批判に、ハイデル氏が説明

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏にシャルケから無償バイエルンへと移籍することで話題となっている、アレクサンダー・ニューベル。その代理人を務めるシュテファン・バックス氏は先日の11フロインデとのインタビューの中で、前マネージャーのハイデル氏が延長に熱心ではなかったと批判を展開。今夏には無償でバイエルンへと渡ることになるのだが、1年前にアウグスブルクへの移籍を阻止したと語った。

 このことについて、ハイデル氏は「確かにそうだ。12月14日の時点でバックス氏は、そのレンタルの可能性について尋ねてきたよ」と説明。「だが後半戦の序盤をみていこう。フェアマンから定位置を奪えるか。それができれば延長についての話し合いを、できなければ夏に移籍したいということだったんだ」と、Sport1に対して述べている。

 だがハイデル氏が2月に退任したことにより、「私は話し合いを行えるような状況ではなかったんだ」と言葉を続けており、シュテファン・バックス氏の発言に対して「公からの批判を受けた代理人が、説明を行うことは理解できるものだよ」との考えも示した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報