ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年02月11日

シャルケ安堵、カバクは「過度伸展のみ」

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FCシャルケ04としては一先ず、ほっとしたところだろう。週末に行われたSCパダーボルン戦にて、前半37分に大腿に問題を抱えて交代を余儀なくされていた、オザン・カバク。「今は、精密検査の結果を待たなくては。10日の離脱かもしれないし、3〜4週間かかるかもしれない」と、試合後にダヴィド・ワグナー監督はコメント。

 そしてその精密検査の結果、同選手は過度伸展「のみ」で済んでいたことが明らかになっており、ただし19才のトルコ代表CBが、いつ練習復帰を果たすかについては、月曜夕方の時点ではシャルケ側から明かされることはなかった。

 ただこれを受けておそらくは、日曜日に行われるマインツ戦については厳しいところか。新戦力のトディボが、パダーボルン戦では代役を務めており、これによりさらに実戦経験を積んでいくことになるかもしれない。

 なおシャルケのセンターバック陣では、サリフ・サネとベンジャマン・スタンブリが共に負傷により長期離脱が続いている他、さらにサイドバックでもジョンジョー・ケニーが、そして攻撃的MFのダニエル・カリジュリも負傷離脱している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報