ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年02月18日

シャルケ、かつての本拠地パルク・シュタディオンが再オープン

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FCシャルケ04は火曜日のクラブ公式日本語版ツイッターにて「2020年3月29日は歴史的な日になります。パルクシュタディオンのリオープンを祝って、ゼニトとの親善試合開催が決定!!」と報告。試合開始時刻は、ちょうどサマータイムへと切り替わるため、日本時間の21時30分からとなる。
 
 パルク・シュタディオンとは、シャルケが1973年〜2001年までの間、本拠地として利用し数多くの成功を収めてきたスタジアムであり、共にスポンサー企業GAZPROMの名を胸に刻むクラブ同士が、新たな船出を祝う。なおオープニングセレモニーは日本時間20時から。

 マーケティング担当のアレクサンダー・ヨブスト氏は「このパルク・シュタディオンでの試合を、ファンたちは首を長くして待っていた。だからこのような機会を得られて非常に嬉しく思うよ」とコメント。なお今後はU17、U19、そしてU23の本拠地として活用されていく。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報