ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年03月02日

ファンからの罵声に、悲しみのニューベル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 確かに週末に行われた1.FCケルン戦はFCシャルケにとって、その敗戦の要因の1つとして守護神アレクサンダー・ニューベルのミスを挙げることができるだろう。ただシャルケでは今冬にニューベルがバイエルン移籍を決断した時より、GKを今後マルクス・シューベルトへ変更すべきとの議論がなされ、この日の試合では「ニューベル、出て行け」のコールが、一部のファンより浴びせられている。泣きそうな表情を浮かべるニューベルの姿が、そこにはあった。

 アレッサンドロ・シェプフは「とても残念だし、悲しい事だよ」と述べ、「アレックスも人間だし、ミスもあるさ。でも僕たち皆がアレックスをサポートするし、彼の力も知っている。わずか数ヶ月前までファンを熱くさせていた選手だったんだよ。今は流れが変わってしまったけど、不調の時期だってあるものさ。だからこんな事は理解できるし。アレックスはクラブのために常に全力を尽くしているし、今夏に移籍することだって全く悪いことなんかじゃない」と擁護。

 ヨッヘン・シュナイダーSDは「あのミスまでは良いプレーをみせていたんだ。それにわざとみすしたわけでもないんだし」とコメント、さらに先週にも見られたニューベルに対するアンチ行動に不快感を示し、火曜日にはそのバイエルンとの対戦が控えているが「数日で立ち直れるかはわからない。決断は監督が下す。ただプレーできればとは思う」と希望。「みんなで乗り越えていなくては。選手一人に向けたところで何の助けになるわけでもない」と訴えた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報