ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年05月14日

シャルケとの延長は?カリジュリ「いくつか問い合わせはある」

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末にはドイツで最も持ち上がりを見せるダービー、ボルシア・ドルトムントとの『レヴィアダービー』を迎える、FCシャルケ04。最近の二度のレヴィアダービーでは、ダニエル・カリジュリは3ゴール1アシストと大活躍を見せファンを大いに沸かせているところだが、もしかすると今回のダービーが最後のレヴィアダービー出場となる可能性もある。同選手との契約は今季いっぱいまでとなったままなのだ。

 シャルケに所属するオーバー30の選手は、二人いる。そのうちの一人、左サイドを主戦場とするバスティアン・オチプカについては、すでに今季までの契約を3年間延長することで合意済みだが、しかしながらその逆サイドでプレーするカリジュリとの契約期間はまだ更新されていない。今季はリーグ戦20試合に出場(1得点)するなど主力の一人としてプレーしており、もしも無償での放出となれば痛手、逆に延長となればコロナ危機でシャルケも例外なく財政への打撃を受けていることからも非常に有意義なものといえるだろう。
 
 2017年1月にヴォルフスブルクから移籍金150万ユーロで加入した同選手は、 は、「これから数週間のうちに、決断を下すことになると思うよ」と、コメント。「いくつかの問い合わせは受けているんだ」とも明かしているが、ただkickerが得た情報によればシャルケ残留を好んでいる模様。特に今回迎えるレヴィアダービーは格好のアピールの場であり、特に中断前には負傷離脱していたカリジュリにとっては、運も味方につけての大舞台だ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報