ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年06月09日

シャルケの元主将ヘヴェデス、ロコモティフ・モスクワ退団

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2014年に行われたブラジルワールドカップでは、ドイツ代表の一員として見事優勝をも果たした経験をもつ、ベネディクト・ヘヴェデス。そんなベテランディフェンダーについて、所属するロコモティフ・モスクワは月曜、「両者合意の下」で解消へと至ったことを明らかにした。同選手は家族の事情により、ドイツに留まることになるという。

 それ以前にも複数のメディアからは、家族をもつベネディクト・ヘヴェデスが、今回のコロナ危機を受けて苦心していることが報じられており、確かにロシアでは6月21日よりリーグ戦再開の予定となってはいるものの、国内における状況は依然として危機的なままだ。

 長きに渡りFCシャルケ04にてプレーし続け、ドイツ代表、そしてキャプテンへの階段を飛躍してきた同選手は、2018年夏に戦いの舞台をモスクワへと移すことを決断。ロモティフではセンターバックとして公式戦50試合に出場、昨年では国内カップ戦において優勝も果たしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報