ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年06月29日

16戦連続未勝利のシャルケ、ワグナー監督「辞任は考えに無い」

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデスリーガ最終節SCフライブルク戦でも敗戦を喫し、ついに16試合連続未勝利で、クラブ史上最悪の後半戦を戦い終えることになった、FCシャルケ04。確かに試合はシャルケが相手を押してはいたものの、ゴールネットを揺らすまでには至らず、逆にフライブルクは効率的に加点。最終的には0−4と大差は敗北を喫している。試合後、ワグナー監督は「最終的には自業自得とも言うべき、敗戦だろう。若いチームとして、比較的良い立ち上がりを見せていたとは思うが」と述べ、「フライブルクは非常に効率的だったよ。後半ではもはや対峙できていなかったことは認めなくてはなるまい」と、言葉を続けている。

 なおシャルケでは本来であれば月曜日にも、クラブ内にて行ったシーズンの分析の結果を発表したいところではあったのだが、しかしながらヨッヘン・シュナイダーSDによれば、「急に予定がぶつかってしまった」とのことで、メディアとの会見は水曜日に延期。そこでは今後のブンデスリーガに向けた方向性などについても話し合われる見通しだが、ただワグナー監督の進退については既にシュナイダーSDは支持を表明。ワグナー監督も自ら「辞任する考えはない」と明言している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報