ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月01日

ウニオン、シャルケからFWトイヒェルト獲得

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FCウニオン・ベルリンは、セドリック・トイヒェルトの獲得を発表した。昨季にブンデス2部ハノーファー96へとレンタル移籍していた同選手の獲得には、FCシャルケ04との契約を2021年まで残していることから移籍金が発生。しかしウニオンからは契約が1部2部共に有効であること以上の情報は明かされずにいる。

 今回の移籍にあたり、トイヒェルトは「シャルケでの最初のシーズンは、思うように事は運ばなかったから、今回は心機一転また頑張っていきたいと思っているし、新たな挑戦にむけての用意はできていると思う」とコメント。「ウニオンはブンデスリーガに定着したいと思っているし、それは僕個人にとっても同じこと」と23才のFWは言葉を続け、「経験豊富な選手か学び、チームに新たな風をもらしたい」と、意気込みをみせた。

 そんなニュルンベルクで育成され、ドイツ世代別代表では全て経験してきた182cmのアタッカーについて、マネージャーを務めるオリヴァー・ルーネルト氏は、トイヒェルトのもつスピードは「ドリブルだけにみられるものではない」とし、「彼のプレースタイルをしっかり見ると、思い切りの良さとクレバーさをもったフィニッシュの選択をする」とも評価しており、さらに守備面における取り組みも「印象的だ」と説明している。

 一方でシャルケのヨッヘン・シュナイダーSDは「彼はウニオンでブンデスリーガにおけるスキルを磨く機会を得ることになるだろう」とエールを送っており、それと同時にシャルケでは、SDウエスカにレンタルしていたパブロ・インスアが、昇格に伴い完全移籍でチームを後にすることも発表した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報