ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月22日

ギズドル監督「まだウートの事は諦めてない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨季後半戦の総得点にほぼ絡んだマルク・ウートがレンタル終了、その中で得点を量産したジョン・コルドバとは今季契約最終年度に突入するところであり去就は不透明、ジモン・テロッデはハンブルガーSVへと移籍し、アンソニー・モデストは膝の問題に悩まされている・・・。

 そんな中で1.FCケルンはオフェンスの強化をはかっているところであり、求める選手像は、スピードとポリバレントさを併せ持った、噂に挙がっているパダーボルン所属のストレリ・マンバのような選手だ。

 マルクス・ギズドル監督は「我々としては、スピードに重きを置いている。それは今日の高いレベルにおいて欠かすことのできない資質なのだ。それにより柔軟性を増してくれるものだよ」と、コメント。すでに選手との合意には達しているが、まだクラブ間交渉が残されたまま。

 また前述のマルク・ウートもまだ、ポリバレントさを併せ持った選手だった。特にケルンにレンタルで復帰した後半戦では「ほとんどうちのゴール全てに絡んでいた。彼の穴は大きいよ」と指揮官。

 「別の選手でカバーすることができても、でもそれはあくまで別のスタイルということになる」と述べつつ、「ただまだウートを諦めたわけではない」とも語った。新型コロナウィルスに襲われた未曾有の危機では、何が起こるかわからないのもまた確かだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報