ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月22日

シャルケ、ケルンのウートに関する発言に苦言

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日1.FCケルンのマルクス・ギズドル監督は、マルク・ウートの残留にむけて「まだ諦めたわけではない」との姿勢を強調していたのだが、しかしながらそのウートが在籍するFCシャルケ04のヨッヘン・シュナイダーSDは、この発言に苛立ちを募らせている。

 夏季合宿地にて同氏は土曜、ケルンの首脳陣に対し「そもそもケルンには買い取るためのオプションがあったにもかかわらず、それを行使しなかった」と指摘した上で、「もはや選択肢を失っているということを認識すべき」と批判。

 ウートは現在はシャルケに「残っている」選手であり、この「事実」から目を背けず「他クラブの選手について話すということは、決してあってはならないことだ」と言葉を続けた。おそらくは両者間において今週末にも、個人的なやりとりがはかられる可能性は十分にあるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報