ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月11日

シャルケ、イビセヴィッチとアリ順調。ナスタシッチは欠場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 クラブ史上最悪の後半戦でシーズンを終え、そしてこれから再び新たなシーズンの幕開けを迎える、FCシャルケ04のダヴィド・ワグナー監督。当然ながらまだまだチームには伸び代があるものの、今夏の準備期間については「非常によくやってきた」と胸を張った。今回はちょっとした負傷やコロナ騒動にも見舞われたが、それでもドイツ杯初戦では主将マスカレルサネ、ボーフム戦で頭部に裂傷を負ったナスタシッチのみが欠場ということになる。

 その一方で今夏にフリートランスファーで加入した、36才のFWヴェダド・イビセヴィッチについては、出場について「土曜日に判断する」考えを明らかにしつつ、「彼は全てのセッションにフルで参加しているし、特に問題を抱えているわけではない」とコメント。また「非常に厳しい状態で準備期間に入った」アミーヌ・アリについても、「ここ10日から2週間で改善がなされており、フィジカル的には確かに良い状態にある」との見方を示した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報