ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月17日

バイエルン戦を前に、シャルケのアリ「レヴァンドフスキが休んでくれれば」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 果たして金曜日に迎えるブンデスリーガ開幕戦、王者バイエルン・ミュンヘンとの一戦を、FCシャルケ04はうまく乗り越えていくことができるだろうか?これまでアミーヌ・アリは、2016年と2018年の2度に渡って開幕5連敗から巻き返しに苦労したシャルケにあって、実際にその経験を味わったことのある選手の一人だ。

 「もちろん、僕たちができるだけ早く、まずは1勝を収められればと願っているところだよ」と、kickerとのインタビューにてコメント。とりわけ2020年に入ってから、シャルケのクラブ史上最悪の成績を半年間で続けてきただけに、そういった過ちを繰り返さないようにすることはより重要なポイントとなることだろう。

 だがそんなシャルケとは対照的に、バイエルンは歴史的な強さを特にこの半年間で示しており、それはクラブ史上初となる欧州三冠達成という形で成就。それでもアリは開幕戦から大敗を喫するという不安について否定し、「そんな考えなら、ミュンヘンには向かわず、うちにいたほうが良いだろうね」と強調。ただそれと同時に「昨季に54得点を決めた”彼”が、もうちょっと長く休んでくれるなら喜ばしいこでははあるけどね」とも、付け加えた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報