ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月20日

シャルケ:ブルクシュタラーへ、明確な移籍へのサイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 金曜夜に行われたバイエルン・ミュンヘン戦では、新加入のゴンサロ・パシエンシアが先発メンバーに入り、そしてヴェダド・イビセヴィッチがベンチへ。そこにギド・ブルクシュタラーの名前さえ見当たらなかった。これはクラブからの明確なシグナルだとも言えるだろう。

 2017年冬に2部ニュルンベルクから、移籍金150万ユーロにて加入した同選手は、そのデビュー戦となってインゴルシュタット戦でロスタイムに決勝弾。ファンの心を鷲掴みにすると、その半年だけリーグ戦9得点。翌シーズンでは11得点をマークし、クラブのチャンピオンズリーグ復帰にも主力として貢献していた。

 しかしながら昨シーズンではそのブルクシュタラーをはじめとして、シャルケのFW陣は全く振るわずに首脳陣は刷新を決断。格安で36才のヴェダド・イビセヴィッチを獲得すると、さらにフランクフルトからゴンサロ・パシエンシアを獲得。ブルクシュタラーにとっては移籍へのシグナルであり、契約を2022年まで残すことから多少の移籍金も期待できるかもしれないが、それほど多くのものは見込めない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報