ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月30日

ブルクシュタラー、宮市所属ザンクトパウリ移籍間近

FC St. Pauli.
FCザンクトパウリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 宮市亮所属のブンデス2部FCザンクトパウリは、どうやら今夏の移籍市場において更なる補強に成功しそうだ。ドイツのSport1が報じたところによれば、FCシャルケ04のFWギド・ブルクシュタラーが、既にザンクトパウリを訪れており、ブンデス2部通算33得点(63試合)をマークする31才は、メディカルチェックを受けている模様。

 確かにシャルケとの契約は2022年まで残されているものの、クラブ間交渉が行われることはない。ブルクシュタラーは和解金を受け取る形で契約解消へと応じ、一旦はフリーとなってそれから、ザンクトパウリと2023年までの契約を結ぶ見通しだ。ちなみに同選手が2015年冬にカーディフからニュルンベルクに移籍した際、獲得した人物こそボルネマン競技部門代表。

 2017年冬に2部ニュルンベルクから、移籍金150万ユーロにて加入した同選手は、そのデビュー戦となってインゴルシュタット戦でロスタイムに決勝弾。ファンの心を鷲掴みにすると、その半年だけリーグ戦9得点。翌シーズンでは11得点をマークし、クラブのチャンピオンズリーグ復帰にも主力として貢献していたが、昨季は21試合で無得点と大ブレーキ。ここのところはメンバーからも外されていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報