ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月06日

シャルケ最悪の2020年、セルダーに続きフェアマンも離脱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 まさに激動のシーズン開幕を迎えてしまった、FCシャルケ04。開幕から3連敗スタート、すでに監督交代劇も行われており、さらにここにきて中盤の要、そして先発GKまでも離脱に入ることとなった。

 スアト・セルダーは大腿筋の負傷のために、今回のドイツ代表参加を事態しているところであり、さらにラルフ・フェアマンも同じく、これからしばらくの間、離脱を余儀なくされることに。32才のベテランGKは、ライプツィヒ戦にて内転筋に負傷を抱えてしまった。

 そのためその試合ではフランクフルトから獲得したばかりの、フレデリク・レノウが急遽代わりに投入されており、クラブ側の発表によればセルダー、そしてフェアマンは共に、復帰の時期は未定だという。

 クラブ史上最悪の後半戦を戦い、そして迎えた今シーズンはここまで勝ち点0、得失点は1:15と、これもまたクラブ史上最悪の3試合であり、加えてドイツ杯初戦は急遽延期となったことから、いまだ今シーズンは公式戦未勝利の状態が続いている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報