ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月01日

シャルケのパシエンシア、膝を手術したことを報告

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先週に膝を負傷し、母国のポルトガルへと向かっていたゴンサロ・パシエンシアだが、月曜日に手術を受けたことを報告した。「また負傷を抱えてしまい、そして今は無事に手術を受けて目が覚めたところだよ」と、自身のインスタグラムにてコメント。詳しい診断の結果については明かされておらず、「しばらくの間」は離脱が続くことになる。

 今夏にアイントラハト・フランクフルトより、買取オプションつきのレンタルにて加入中の26才のFWは、「こんな困難な時期にチームメイトたちから離れることになってしまったのは残念だ。でも彼らを信じて応援している」とエールを送っており、「この素晴らしいクラブにいられることを、今も誇りに感じている。青と白のユニフォームで、歓喜の時を迎えられると確信している」と言葉を続けた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報