ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月18日

大不振シャルケがバウム監督解任!ステフェンス氏が緊急就任へ

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アルミニア・ビーレフェルト戦を直前に控え、マヌエル・バウム監督にとってのFCシャルケ04時代に幕が下されることになった。今季途中よりワグナー監督の後を受けていた同氏だが、本日金曜日にクラブ側は解任を決断。フーブ・ステフェンス氏が緊急就任する。

 ただし本格的な監督復帰という意味合いではなく、あくまで今週土曜開催のビーレフェルト戦、そして火曜日に行われるドイツ杯2回戦SSVウルムとの2試合のみ指揮をとる模様。なおバウム監督との契約は2022年までであり、コロナ危機の中で、二人の監督のサラリーを残したまま更なる監督を模索する事態にも発展した。

 2020年1月17日を最後に、リーグ戦からの勝利に遠ざかっているシャルケでは、クラブ史上最悪の半年を過ごしたワグナー監督を続投するも2連敗でバウム監督を招聘。それでも4分5敗と未勝利は続いており、ステフェンス監督がこのビーレフェルト戦で勝利できなければ、今年1年間でのリーグ戦勝利はわずか1度飲みということに。

 ちなみにステフェンス氏にとって監督就任は通算4度目のことであり、前回の2019年3月では今回と同様、あくまでピンチヒッターとしての投入であり、そして最終的に2部降格の危機から救うことに成功している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報