ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月24日

シャルケ、今季4人目の監督:グロース氏を招聘へ

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 この下半期だけで4人目の監督として、FCシャルケ04はクリスチャン・グロース氏を招聘することになるようだ。今のところはまだクラブ側からの正式な発表はなされていないものの、kickerが得た情報によれば日曜日から、66才の大ベテランは初練習を執り仕切ることになる。

 2020年に入って以降、1月17日に行われたボルシア・メンヒェングラードバッハ戦での勝利を最後に、リーグ戦での勝利から遠ざかっているシャルケでは、クラブ史上最悪の半年を過ごしたワグナー監督を開幕まもなく解任。その後にマヌエル・バウム監督を招聘するも、未勝利のまま先日に解雇されており、ステフェンス氏が緊急登板。だが同氏をもってしても2020年での2勝目を手にすることはできなかった。

 なおコロナ危機に関わらず重大な財政危機にありながら、シャルケでは前述のワグナー氏、そしてバウム氏とのサラリーを残している状況にあり、本来監督業から身を引いていたグロース氏は、非常に低い基本給にて就任する模様。だが1部残留を果たした暁には、数百万ユーロ規模のボーナスが支払われるようだ。

 1997/98シーズンに、スイス人として初めてプレミアリーグで監督を務めた経験をもつグロース氏は、その後に母国スイスのバーゼルにて4度のリーグ優勝を達成。それからドイツで2009年12月より、バベル監督の後任としてシュトゥットガルトの監督を務めると、最終的に残留争いからEL出場を達成。だが翌シーズンの開幕ダッシュでのつまづきにより、わずか10ヶ月で後にすることとなった。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報