ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月01日

コラシナツのシャルケ復帰、レンタル料は半年220万ユーロ

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 大晦日の午前には成立間近と報じられ、そしてその日の午後には正式な発表がなされた、FCアーセナルからのセアド・コラシナツによる、FCシャルケ04への復帰。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表の左サイドバックは、これから半年に渡りレンタルにて、古巣の1部残留という大きな使命を果たすためにカムバックを果たした。

 今回身に着ける背番号は20。契約有効期間は1月4日からとなるため、週末に控えるブンデスリーガ第14節ではまだ不在となるものの、翌週に開催されるTSGホッフェンハイム戦からオプションとなることが期待されるところだ。なおkickerが得た情報によれば、同選手へのレンタル料は半年で220万ユーロ。シャルケの厳しい財政事情を考慮した場合、おそらくコラシナツは相当のサラリーカットにも応じていることだろう。

 「我々はセアド・コラシナツのシャルケ復帰に向けて取り組んできたし、その結果で真のシャルカーが戻ってきてくれることを誇りに感じているところだよ」と、ヨッヘン・シュナイダーSDはコメント。セアドはまさにシャルケの価値観を体現できる選手であり、1部残留に向けてその土台となるべき、溢れんばかりの意思と強い気持ちをもった選手だ」と言葉を続けた。

 2011年から2017年にかけてシャルケに在籍し、アーセナルへと移籍するまでにはファンから厚い信頼を勝ち取っていたコラシナツは、今回2度目となる入団を心待ちにしており、「懐かしい顔と再会するのが楽しみさ。シャルケとの繋がりが失われることなどなかったしね」とコメント。

 「またこのシャルケのユニフォームの袖を通せることを、喜びに思うし誇りを感じている。いまクラブはとても苦しい状況にあるけど、これからの数週間、数ヶ月に渡って自分の役割を果たし、できるだけ多くの勝ち点を積み重ねていきたい。そして共に1部残留を果たすよ、僕は100%その自信をもっている」と意気込みをみせた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報