ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月26日

シャルケのグロース監督「マスカレルよりスタンブリ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 仮に全選手が起用可能であったとしても、この状況からブンデス1部残留を果たすことはもはや奇跡と表現しても良いだろう。だが今節に控えるVfBシュトゥットガルト戦では人材不足から、セカンドチームから追加召集を余儀なくされる事態にまで発展している。

 欠場が確定しているのはラルフ・フェアマンとフレデリク・レノウの両GK、さらにクラース・ヤン・フンテラール、キリアン・ルーデヴィヒ、マティヤ・ナスタシッチ、ゴンサロ・パシエンシア、サリフ・サネ、スティーヴン・スクリプスキ、そしてマルク・ウートの9選手であり、まだしばらくの間はこの状況が変わることはないだろう。

 また最近では風邪を患っていたセアド・コラシナツ、そして筋肉系の問題を抱えていたシュコドラン・ムスタフィについては「メンバー入りできる」と指揮官はみているところだが、その一方で「厄介な」大腿筋裏の神経炎に悩まされているナビル・ベンタレブ、そして練習中に足首の靭帯を損傷したブジェラブは厳しいと言わざるを得ない。

 なおボランチの起用についてはグロース監督は、最近では安定感を欠く姿もみせているベンジャマン・スタンブリか、それとも主将のオマル・マスカレルかの判断を迫られることになるのだが、「このポジションについては、スタンブリを支持する」と、グロース監督は明言。「スタンブリの方が良いカードだと思う。ただマスカレルの可能性が完全に無いわけでもない」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報