ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月10日

ティモ・ベッカー、「子供の頃から愛着もつ」シャルケと延長

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス2部降格へ既に後がなくなったFCシャルケ04だが、その一方で来季に向けたチーム作りは進展をみせているところであり、土曜日にはティモ・ベッカーとの契約を、2023年まで更新したことを発表している。

 「ティモ・ベッカーはここ数ヶ月、ブンデスリーガを主戦場として戦い、その地位を手に入れてきた。ダニー・ラッツァの獲得と並び、チーム計画タスクフォースの最初の仕事の1つが、このティモとの契約延長であり実行できたことを非常に嬉しく思う」と、ペーター・クネーベル競技部門取締役は説明。

 2007年から2013年までシャルケのユースに所属し、エッセンを経て2019年に復帰した24才のDFは、昨季の後半戦終盤から出場機会を確保し、ここまでブンデス24試合に出場。今季はここまで14試合でプレーしている。

 そしてこれからも引き続き、同選手はシャルケでできるだけ多くピッチに立ちたいと考えており、「僕のことを知っている人なら誰でも、僕がどれだけ子供の頃からシャルケに愛着を感じていたか知っているよ。新たな船出で一翼を担い、共に新しいチャプターを描いていきたいという気持ちがより一層強くなっている」と意気込みをみせた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報