ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月03日

シャルケ、ヴィクトル・パルションにも関心か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜日には来季よりブンデス2部降格が決まっているFCシャルケ04は、その2部のハンブルガーSVより、ジモン・テロッデの獲得を発表したところだが、さらに同じく2部のクラブより、ベテラン選手を獲得することになるかもしれない。

 ディミトリオス・グラモジス監督が以前に務めていたダルムシュタットの、ヴィクトル・パルションへの関心が伝えられており、これまで獲得したテロッデやラッツァと異なり、まだ契約を来季まで残すダルムシュタットだが、条件次第では話し合いに応じる用意があるようだ。

 なお30歳のボランチは2019年冬から加入し、そこでグラモジス監督から指導を受けており、これまでブンデス2部64試合に出場して6得点をマーク。

 さらにダルムシュタットからは、同じくグラモジス監督が指導したベテランFW、セルダー・ドゥルスンへの関心も伝えられたが、ただこちらはテロッデ獲得により消滅。出身地のハンブルクの他、トルコのクラブとの繋がりも指摘されている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報