ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月06日

ホッフェンハイム:ヘーネス監督は続投確定も、ルディの来季は不透明。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 TSGホッフェンハイムのセバスチャン・ルディはこの夏、先行き不透明な状況へと直面することになる。元ドイツ代表MFとレンタル元であるFCシャルケ04との契約期間は来季までだが、2部降格を喫した中でそれを全うする可能性は低いが、コロナ危機の中でどういった条件面をホッフェンハイムが提示できるかも不透明だ。もう1つの選択肢としては、ルディとシャルケが和解金を支払うことで、フリーの状態になり市場へと出ることも挙げられるだろう。

 その一方でセバスチャン・ヘーネス監督については、来季も引き続きホッフェンハイムにて指揮をとることになる。ローゼンSDは地元紙「ラインネッカー・ツァイトゥング」に対して「来季のどの監督で臨むかは明白。首脳陣全会一致でヘーネス氏で決定している」と語った。「多くの危機的状況の中で安定感をもって乗り越えてくれ、また選手たちとのコミュニケーションもうまくはかれている。発想力もあり、それはグラードバッハ戦やフライブルク戦でも見受けられたものだよ」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報