ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月20日

シャルケ、スクリプスキら契約満了の選手は原則退団へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 来季はブンデス2部降格で迎えることになるFCシャルケ04では、クラース・ヤン・フンテラールやセアド・コラシナツを除き、原則的には今季で契約満了を迎える選手とは更新しない判断を下した。それに該当するのは10人以上にも及ぶ選手たちであり、その中にはスティーヴン・スクリプスキの名前も含まれている。

 それはナビル・ベンタレブ、ミヒャエル・ランガー、シュコドラン・ムスタフィ、アレッサンドロ・シェプフ(いずれも契約満了)、バスティアン・オチプカ、ベンジャマン・スタンブリ(いずれも1部のみ有効)、ゴンサロ・パシエンシア、フレデリク・レノウ、キリアン・ルーデヴィヒ、ウィリアム(いずれもレンタル)、そしてスクリプスキ。

 2018年に結ばれた契約期間は3年であり、ペーター・クネーベル競技部門取締役とは「オープンで、率直な話し合いを行い、シャルケはこれを大きな転換とする機会にしたいと考え、僕との契約は延長しない」ことが伝えられたと、同選手がkickerに対して明かした。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報