ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月03日

シャルケ、フンテラールとコラシナツの退団を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 来シーズンでは即座のブンデスリーガ返り咲きを目指すFCシャルケ04だが、しかしながらクラース・ヤン・フンテラール、そしてセアド・コラシナツも共に、この夏をもって退団することを明らかにした。
 
 今冬にブンデスリーガ残留というミッションに臨むため、シャルケは経験豊富な37歳のFW(ブンデス通算184試合:84得点)と、27歳のDF(ブンデス通算111試合:5得点)を迎えるも、最下位のまま2部へと降格。

 「プレーの面においても人間性の面でも我々にとって辛い」と、この決断について語ったクネーベル競技部門取締役は、「ただ現在の予算とチームの構造」など踏まえて「他に選択肢はなかった」と説明。「準備期間の短さも考慮して、何週間も悩む余裕はなく、クラブのために今、決断を下さなくてはならない」と言葉を続けている。

 その一方でシャルケではすでに、コラシナツの代役として左サイドバックへトーマス・アウエヤンを獲得。またFWにおいてはハンブルクよりベテランのジモン・テロッデと獲得しており、プロ初年度に22試合に出場して6得点を記録した、若手マテュー・ホッペの飛躍にも期待したいところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報