ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月14日

ケルン、マルク・ウートの復帰にむけ、あと一歩

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス2部ホルスタイン・キールとの入れ替え戦を制し、なんとかブンデス1部残留を確定させた1.FCケルン。これから来季より巻き返しをはかるため戦力補強を目指していくところであり、すでにマルク・ウートの復帰が間近のところにまで迫っている模様。

 2019/20シーズンの後半戦にて、レンタルでFCシャルケ04から加入していた元ドイツ代表FWは、そこで15試合に出場して5得点をマーク。ヴェーレ取締役は「ここ数週間、ウートの代理人との密にやりとりをしてきた。かなり進展をみせているよ。さらにこれを強めていきたい。彼自身はケルンへの復帰に関心をもっている」とコメント。

 今はその代理人がシャルケの首脳陣との話し合いを重ねているところであり、ケルンへの移籍にかかる移籍きの免除を願い出ているところ。もしもこの問題がクリアとなれば、もはやケルンへの移籍を阻むものはなくなる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報